まぶたをふっくらさせる方法について考えてみました。

まぶたをふっくらさせる方法

まぶたをふっくらさせる方法

重ねた年齢はどうして目元に出やすいのでしょうね・・・。

わたしの場合、
30代半ばを過ぎた頃から、まぶたのくぼみが気になって仕方ありませんでした。

まぶたのくぼみは奥目とも言われます。
まぶたが骨に添って落ち窪んだ状態ですね。

わたしにだって、まぶたがふっくらとした頃がありました。
くっきり二重で、比較的大きい目。
目はチャームポイントでもありました。

また、あの頃に戻りたい!
40代半ばに差し掛かろうとしてる今、
あの頃までとは言わなくても、ふっくらを取り戻したい!という、願望がフツフツと湧いてきて…

まぶたの「ふっくら」と「くぼみ」にまつわるエトセトラ

年齢を重ねることは決して悪いことではないことはわかっています。
そして、徐々に老化現象が現れてくることももちろん承知です。

でも、くぼみって老け顔の特徴ナンバーワンじゃありません?
わたし、もうすぐ40代半ばという年齢ですが、ちょっと前まで50歳くらい?と言われていました。
それでも、遠慮しているのでしょう。
本当は50代半ばくらいに見られていた?一抹の不安がよぎります。

気持ちは20代なのに、見た目は実年齢よりはるかに上に見られるなんて、人生お先真っ暗。 
それはさて置き…

深刻なのが、いつも不機嫌&疲れているように見られていたということ。
何か怒ってる? すごい疲れ顔だね…寝てないの? 更年期?わたしにいちいち突き刺さるフレーズです。
怒ってもいなければ、疲れてもいませんし、更年期には少し早いだろ?←心の声です。

さらにアイシャドーがうまく乗りません。くぼんだまぶたには当然シワもあります。
三重まぶた、四重まぶたとも言うのでしょうか。
そこにアイシャドーを乗せるのは至難の業でした。

これはわたしの黒歴史ですが、現在進行中でまぶたのくぼみが悩みのタネになっている人も多いのではないでしょうか。

まぶたが「ふっくら」ではなく、くぼみやすい人にはある共通点があった!

同じような年齢でも、くぼみがある人、ない人、様々です。
まぶたがくぼみやすい人には共通点があります。

それは、ズバリ痩せ型の人。
要するに身体全体に皮下脂肪が少ない痩せ型の人は顔の皮下脂肪も少ないのです。

特に目の周りは皮膚が薄く、骨格が露わになりやすのです。

確かにわたしはどちらかと言えば痩せています。
身長は高いのですが、
太らない体質です。

くぼみがふっくらじゃない原因は意外なアレにもあった!

痩せ型で皮下脂肪が少ないことに加え、
まぶたのくぼみの原因は他にもあります。

加齢によって目の周りの眼輪筋という筋肉が衰え、まぶたのハリが失われます。
ハリが無くなったまぶたの皮膚は“だらん”と締りがなく、
くぼみを目立たせます。

そして、疲れ目。
現代人はとにかく目を酷使します。
パソコン、スマホはもちろん、コンタクトレンズも目を疲れさせるって知ってました?

実はわたし、外国製の某使い捨てコンタクトレンズを数年間使っていました。
外国製のコンタクトレンズは欧米人用なので、レンズが大きく、重さもあるのです。
日本人の目には負担が大きいそうです。
確かにそのコンタクトレンズを使っていた頃はとにかく目が疲れていた…

目が疲れると、目の奥がジーンと痛く、凝ったような感覚。
翌日の朝なんかにくぼみがはっきりと現れていました。

まぶたのくぼみの原因をはっきりさせたところで、
次ははふっくらまぶたを自力で取り戻す為、わたしが実行した対策を教えます!

自力で「まぶた」を「ふっくら」させた方法を伝授 理にかなったアイクリーム

脂肪が少ないからくぼみができやすい。ならば、太れば(脂肪をが蓄えれば)いい。
そんな簡単ではありません。痩せ体質の人には難しいことです。

手っ取り早く美容整形でヒアルロン酸を注入する方法や自分のお尻や太腿の脂肪を注入する方法もあるそうですが、
副作用&失敗のリスクも怖い。
病院によっては1回の注入に10万円もかかるとか? そんなお金もありません。

わたしが実際に取り組んだまぶたをふっくらさせる方法は
理にかなったアイクリームとまぶたを鍛える日々の努力。

ざっくり言うと
そのアイクリームとは爆発的に広まりつつある「アイキララ」で、
人気の秘密はその成分にあり、2大柱の成分、植物由来のビタミンKとビタミン誘導体の一種MGA(ミリスチル3‐グリセリルアスコルビン酸)が、多くの女性が抱える目元の悩みを解決に導いてくれるというワケ。

2大成分について少し詳しく説明しますね。
ビタミンKは血行を良くして、老廃物や血液の滞りを解消する効果が期待できます。
一見、目のくぼみとは関係なさそうですが、
血流が悪いとまぶたにハリを持たせる為に必要な栄養素がうまく運ばれません。
逆に言えば、老廃物が溜まったり、血液が滞ると目のくぼみがさらにくぼむのです。

MGA(難しい長い名前は省略!)はまぶたをふっくらさせるのに高機能な成分。
コラーゲンの生成に必要な栄養素を肌に溜める機能があり、年齢とともに衰える肌のターンオーバー(再生機能)を高める効果もあります。
つまり、まぶたにハリと潤いを蘇らせることができるのです。
さらに、このMGAという成分は高メラニン抑制作用があり、美白効果も期待できます。

目元の悩みにピンポイントじゃないでしょうか。
モニター調査に時間をかけて商品化されているだけのことはあります。

「アイキララ」を手がけた、
“ビックリするほど良かった”場合のみ商品化がモットーの北の達人コーポレーション(東証一部上場企業)という会社は実用商品にこだわっているのです。

理論上効果があるとされているものではなく、
実際に体感できるかどうかを大切にしているらしいのです。

まさに理にかなったアイクリームです!

因みに「アイキララ」は保存料、防腐剤、着色料は一切使用されていません。

目の周り全体に使えるアイクリームなので、まぶたにも使えます。(これ大切)
テクスチャーはこってりしているのに柔らかく、伸びもよくて塗りやすいです。(これも大切)
なんせ、まぶたは目元でも特にデリケートな部分ですから、擦らず、優しく伸ばせるテクスチャーがマストです。

そして、本気で再びまぶたをふっくらさせたいなら、
いくら理にかなっているとは言え、アイクリームだけに頼ってはダメ。

「効果がなかった」という口コミを見かけますが、
アイクリームを迎える準備ができていたか疑問です。

まずはアイクリームが浸透しやすいまぶたの環境を作ることがポイントです。

◆わたしのまぶたふっくらメニュー

 1.蒸しタオルで目の周りの皮膚や筋肉を柔らかくする 
 2.まぶたストレッチ(目を閉じて、人差し指で目尻を横に軽くひっぱる 等)
 3.化粧水等で保湿
 4.「アイキララ」を塗る
 5.乳液で蓋をする

「アイキララ」を塗るまでに3段階ありますが、この工程をするのとしないのとでは、結果はずいぶんと変わってくるでしょう。

わたしの場合、根気よく毎日メニューをこなし、2週間が経過したあたりから、
目元が変わってきたのを実感しました。

ハリと潤いという意味がよくわかります。

決して難しいケアではありません。めんどくさがり屋のわたしができていますから、
皆さんもできます!
試してみる価値はありますよ!

少しの努力と「アイキララ」でふっくらまぶたを取り戻しましょうよ!
おしゃれもお出かけも楽しくなります。

最後にまぶたのくぼみは眼瞼下垂という病気の場合もあるでご注意を!

しかし、わたしたちがどんなに対策をしたところで、
外科的な処置が必要な目の病気の場合もあります。

眼瞼下垂は目のくぼみと症状がよく似ているので、単なるくぼみと間違われやすいそうです。

例えば、片方のまぶただけくぼんでいたり、
まぶたが覆い被さるように垂れ下がり、視野が狭くなるなど…
このような症状がある場合は一度眼科に診てもらった方がいいかもしれません。

中年以降に多く見られる眼瞼下垂の場合は、ただのくぼみや肌痩せとは違い、治療が必要になってくるので、注意が必要です。


何かと目元が気になるお年頃。
一度、自分の目元としっかり向き合ってみてはいかがでしょうか。
悩みが解決される日がきっと訪れるはずです!


まぶた 色素沈着
顔のシミを消す方法 男性メンズ